主要7サービスを比較Web会議システム比較

テレワークの急速な広がりにより利用が拡大しているWeb会議システム。

Web会議システムの多くは、一定の機能を無料で利用できるプランもあり、無料で様々なシステムを使うことができます。

Web会議システムの導入により、以下のメリットがあります。

  • 交通費、移動時間の削減
  • インターネット環境があればどこでも会議ができる
  • 低コスト運用

従来は遠い場所であっても対面での会議が多数でしたが、インターネットがあればどこでも会議ができるテレビ会議システムを使うと交通費や移動費の削減が期待できます。また、移動の際における不慮の事故や自然災害や、交通機関の遅延などの影響を受けずにすみます。

Web会議システムは無料から利用できるものもあり、会議室を準備して用意することに比べると低コストで運用できます。

では、Web会議システムをどう選んだらいいのでしょうか?

本記事では主要なWeb会議システムについてご紹介します。

Web会議システム機能比較と各サービスの紹介

項目ZOOMMicrosoft TeamsGoogle MeetCisco Webex MeetingsV-CUBE ミーティングWherebyFaceook Rooms
プラン 無料プラン
プロ
2,000円/1ホスト/月
ビジネス
2,700円/1ホスト/月
無料から利用可
Microsoft 365 Business Basic
540円/ユーザー/月相当
Microsoft 365 Business Standard
1,360 円/ユーザー/月相当
Office 365 E3
2,170円/ユーザー/月相当
無料から利用可能
・Basic
680円/ユーザー/月相当
・Business
1,360円/ユーザー/月相当
・Enterprise
3,000円/ユーザー/月相当
無料から利用可
Starter
1,490円/1ホスト/月
Plus
1,980円/1ホスト/月
Business
2,980円/1ホスト/月
ベーシック
2,000円/1ID/月
プロ
2,700円/1ID/月
無料から利用
Pro
9.99ドル/ユーザー/月
Business
59/.99ユーザー/月
無料
外部参加アカウント必要アカウント必要アカウント必要アカウント不要アカウント不要アカウント不要アカウント不要
招待URL
アプリインストール不要不要不要
同時に実施できるWeb会議数ホスト数記載なし記載なしホスト数ID数Pro
3
Business
10
記載なし
ビデオ通話100名まで250名まで無料・Basic
100名まで
Business
150名まで
Enterprise
250名まで
Starter 100名まで
Plus 150名まで
Business 250名まで
50名まで無料
4名まで
Pro
12名まで
Business
50名まで
50名まで
画面共有
グリッドビュー25名まで表示/1画面あたり4名まで表示(9名まで拡張予定)16名まで25名まで表示8名まで表示12名まで表示16名まで表示
チャット機能×
アンケート機能△(Form利用)△(Google フォーム利用)××
バーチャル背景××なし×
録画有料プランのみEnterpriseとEducationのみ(※)有料プランのみ有料プランのみ有料プランのみ×
ライブ ストリーミングE3のみEnterpriseとEducationのみ(※)××××
備考・Teamのみ無料で利用可
・Microsoft365契約でTeamsの有料機能も利用可
※2020/09/30まではBasicとBusinessでも利用可

ZOOM

画像:zoomサイトより https://zoom.us/jp-jp/home.html

Zoomビデオコミュニケーションズは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社をおく企業である。通称はZoom。クラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービスを提供しています。

無料版でも100人の同時接続できるのが最大の特徴です。

またバーチャル背景機能もあり、ミーティング中に背景として画像や動画を表示することできます。自宅から接続する際や、部屋を見せたくない人にもビデオ会議に参加が可能です。

主な機能と特徴

  • ビジネスプラン以上で100人以上の同時接続可能
  • 接続の安定性
  • パソコン、スマホから接続可能
  • バーシャル背景
  • URLの共有で簡単にWeb会議が可能

Microsoft Teams

画像:Microsoft Teamsサイトより https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

Microsoft Teamsは、マイクロソフトがWindows、macOS、iOS及びAndroid向けに開発・提供するコラボレーションプラットフォームです。

Teamsはマイクロソフトアカウントさえあれば無料から利用ができます。ただMicrosoft365の契約プランによって利用できる機能に制限がありますのでご注意ください。

主な機能や特徴

  • チャット(チーム内の会話機能。Slackやチャットワークなどと同様)
  • 社内・社外メンバーとWeb会議が可能
  • 必要なファイルを共有したり、Wikiを使って共通利用する文書を作成できる
  • 最大10,000人の大規模ライブイベントが可能(※)
  • 高度なセキュリティ機能(データ損失防止、情報バリア、アイテム保持ポリシー、電子情報開示、法的ホールド)

※また上位プランのOffice365 E1、E3、E5ユーザーであれば、最大10,000人規模のライブイベントが可能。

Google Meet

画像:Google Meetサイトより https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet/

Google MeetはGoogleが提供しているコミュニケーションツールです。もともとGoogle ハングアウトという名前で2013年より提供がスタートし、SNSのチャットグループやグループチャット、ビデオ通話、音声通話などが利用可能です。なお、Googleアカウントを保持していれば最大同時100名時間無制限でビデオ通話をすることができます(2020年10月から60分の時間制限あり)。Androidスマートフォンには標準搭載されており、iPhoneでもアプリをインストールすれば使用できます。

特徴

  • 会議の設定・参加がプラグインなしで簡単に行える
  • Googleカレンダーからリンクまたはスケジュールを共有
  • 会議室をはじめパソコン、スマホからどこでもビデオ会議が可能
  • 1:1から100〜250人までの大規模会議の開催が可能
  • 最大10万人に配信可能なライブ配信
  • 高画質、高音質な映像と音声
  • 専用プラットフォームにより転送データを標準設定で暗号化

Cisco Webex Meetings

画像:Cisco Webex Meetingsサイトより https://www.webex.com/ja/video-conferencing.html

Cisco Webex Meetingsは、Web会議およびビデオ会議アプリケーションを開発および販売するアメリカ企業です。シスコシステムズがWebexを買収した2007年に設立されました。本社はカリフォルニア州ミルピタスにあります。 

Cisco Webex Meetingsは、世界で最も利用されているWeb会議システムの一つです。インターネット経由でも複数人での高品質なコミュニケーションが可能で、毎月2,000万件以上ものミーティングに活用されています。

主な機能や特徴

  • 多様なプラットフォーム対応
  • ワンタッチでファイル共有
  • クリアな映像共有
  • リアルタイム情報共有
  • 簡単な招待設定
  • ユーザビリティの高さ

V-CUBE ミーティング

画像:V-CUBEミーティングサイトより https://jp.vcube.com/service/meeting

V-cubeは、企業顧客向けにビジュアルコミュニケーションサービスを開発および提供しています。

V-cubeのサービスを利用する企業は、単純なWeb会議以外のさまざまな目的でビジュアルコミュニケーションサービスを使用できます 。また導入実績約5,000社以上ある、国内No.1シェアのWeb会議システムです。

主な機能や特徴

  • シンプルで使いやすい画面構成
  • 映像通信品質は世界最高レベル(HD対応)
  • 万全なセキュリティ対策
  • Web会議システム 国内シェアNo.1
  • Office 365連携(シングルサインオン、Outlook予定連携)

Whereby

画像:Wherebyサイトより https://whereby.com/

Wherebyはノルウェー発の、ブラウザで完結するオンラインミーティングサービスです。元々appear.inというサービス名で展開していたサービスです。無料プランでは4名までしか同時に利用できませんが、簡単にミーティングURLを発行して、アカウント不要で参加できる気軽さが特徴です。

主な機能や特徴

  • 無料から利用可能で時間制限なし
  • 専用のアプリのインストール不要で簡単に使える
  • 画面共有機能
  • API連携機能

Facebook Rooms

画像:Facebookのリリースより https://about.fb.com/news/2020/04/introducing-messenger-rooms/

Facebook Roomsは、Facebookが2020年4月下旬にサービス開始をしたビデオミーティングサービスです。日本での正式リリース時期は未定ですが、2020年5月時点で一部ユーザーで利用ができる状態にあります。

主な機能や特徴

  • 無料で時間制限なく使える
  • 最大50名まで利用可能
  • 専用のアプリのインストール不要で簡単に使える
  • 画面共有機能

最後に

主要なWeb会議システム7つの機能を比較しました。

Web会議システムを利用する目的や用途にもよりますが、

  • 金額
  • 同時通話数
  • 通話の品質
  • 外部参加者の参加のしやすさ
  • セキュリティ
  • 使い勝手

以上6つがサービスを選ぶ判断の基準とすると良いと思います。

どのサービスも無料から利用できるプランやトライアルプランが用意されていますので、それぞれ試してみて自社にあったサービスを選んでみてはいかがでしょうか?

Digital Workstyle College 編集部
この記事を書いた人